Warning: mysqli_connect(): Headers and client library minor version mismatch. Headers:50568 Library:100148 in /home/stforjp/stf.or.jp/public_html/top/EnDefinition/ConnectINFO.inc on line 41
生涯現役を目指すOBと現役の技術者や研究者が科学技術を通して社会貢献に取り組む特定非営利活動法人(NPO)|科学技術者フォーラム(STF)

科学技術者フォーラム(STF)は、多様な分野の企業OB、現役の技術者や研究者が組織の枠を超えて集い、生涯現役を目指し科学技術を通して社会に貢献する団体です。


ホーム  |   サイトマップ  |   お問合せ  |  Follow us on :       
ホーム
STFについて
STFの活動
行事情報
入会案内
報告
実績一覧(セミナー他)
会員専用ページ
友好団体へのリンク
STFへの問合せ
利用案内(FAQ)
個人情報保護規定
サイトマップ
ご入会案内
イベントカレンダー
各種イベントの申込
非営利団体 科学技術者フォーラム
MEMBER LOGIN                   
 報告  セミナー報告  |  交流会報告  |  見学会報告  |  イベント報告  |  部会報告


Warning: mysqli_connect(): Headers and client library minor version mismatch. Headers:50568 Library:100148 in /home/stforjp/stf.or.jp/public_html/top/EnDefinition/ConnectINFO.inc on line 41
2021-12-04  【セミナー報告】
2021年12月度 セミナー(#227)報告「汚染水海洋放出とデブリ取り出し及び空冷化の意味と原発事故再考 ~小型モジュール炉の特徴と再稼働問題~」
2021-11-20  【セミナー報告】
2021年11月度STFセミナー(#226)報告「科学・技術者の20世紀の忘れ物と21世紀の使命~人工知能(AI)と智徳文明試論~」
2021-10-16  【セミナー報告】
2021年10月度STFセミナー(#225)報告「我が国の産業生産性をいかにして向上させるか」
2021-09-04  【セミナー報告】
2021年9月度STFセミナー報告(#224)「二酸化炭素のメタン化によるリサイクル」
2021-08-21  【セミナー報告】
2021年8月度STFセミナー報告(#223)「抗酸化能評価の最前線 ~酸化ストレスによる疾患を予防する飲食品の開発を求めて~」
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [次へ 10個]
登録日:2021-11-20 
2021年11月度STFセミナー(#226)報告「科学・技術者の20世紀の忘れ物と21世紀の使命~人工知能(AI)と智徳文明試論~」
2021年11月度(第 226 回)STFセミナー報告
「科学・技術者の20世紀の忘れ物と21世紀の使命~人工知能(AI)と智徳文明試論~」

日 時: 2021 年11月 20 日(土)14:00~17:00
会 場: 品川区立総合区民会館「きゅりあん」5F第3講習室 & ZOOMオンライン
参加者: 会場 10名、WEB 15名
講演者: 科学技術・生存システム研究所 所長 神出 瑞穗 氏

【講演要旨】
1.はじめに:
A) 文明とは、捉え方はさまざまであるが、民族精神を重視した“知徳文明”とは、[自律心+智慧+利他行]である。
B) 基本的問題意識として、
  ① 現代資本主義・科学技術文明は智徳の進歩を指向しているか? 
  ② AI(人工知能)&DS(データサイエンス)の第4次産業革命は智徳指向か?

2.第1部:科学技術者の20世紀の忘れ物
A) 20世紀科学技術文明は科学技術を人間の欲望(能力・生活空間)の拡大のために極度に利用してきた文明である。当初の”資本主義文明予測“からは大きく外れてきている。
B) 人工物の無秩序な投入が人類と環境にプラスとマイナスの影響を指数関数的に与えることが判った!20世紀は科学技術文明の実用実験の時代であった。
C) 文明の評価は「功罪あい半ば」と言える。科学者・哲学者の警告は20世紀の忘れ物であり、21世紀の科学者・技術者への宿題である。
D) これからの文明システムは、ポジティブフィードバック型成長文明からネガティブフィードバック・動的恒常性維持型文明へ、即ち文明の計測制御が必要となってくる。
E) 科学者・哲学者から本質的な問いかけもあり、基盤となる科学技術は使い方で功罪を発生させることが世界の一般市民レベルで徐々に認識され始めた。(例えばSDGs) 

3.第2部:人工知能とデータサイエンス(AI&DS:IoE含むDXの影響と限界)
A) AIは広範な応用が可能な第4次産業革命の有力な手段である。
B) シンギュラリテイは起きないが,人びとの労働、生き方に大きな影響がある。
C) AIも功罪を発揮する(20世紀の宿題)
D) AIも“限界の科学”を超えられない。“限界の科学”を認識した科学技術の方が“成熟”した文明と言える。
E) AIの利用目的と社会への適用には慎重な吟味が必要で、新薬のように実用実験のステップを踏むべきだ。

4.第3部:人工知能(AI&DS)支援による知徳文明とは(基本的問題意識から)
A) 現代資本主義・科学技術文明は智徳の進歩を指向しているか? →このままではNO! 
B) AI&DSの第4次産業革命は智徳指向か?
  →産業革命ではなく「社会全体改革」なら智徳指向になりうる。その実現の為には、
 ①「全ライフステージ生存システム」の構築:人間の欲望拡大の緩和が必要。
 ②「国家・自治体予算の計測制御」による国家財政の健全化と国民の他律性からの脱却が必要。
C) 智徳文明のヒント
 ① カール・ボランニー:経済は、“互酬”、“再分配”、“交換”の3つ。
 ② 色々な資本主義の提言:現状は「成長資本主義」と「消費資本主義」。
  →新たなものとして「公益資本主義」「脱成長コミュニズム」。
   (例)モンドラゴン労働協同組合、気象危機問題が契機。
D) AI知徳文明”ビジョン“(自立心+智彗+利他行):
  「一人一人を大切にする”柔らかな”資本主義・科学技術文明」の構築。
E) 具体例:「文明の計測制御システム」「一人一人のライフステージ生存システム」「半自律型田園産業都市構想」等いずれも“生存OS”がカギ。

5.結論:AI&DSによる知徳文明構築への道
A) 現状の資本主義社会では、アダム・スミスの「見えざる手」による需要と供給のバランスもスムーズな富の分配を目指す「トリクルダウン仮説」も十分機能していない。 AI&DSはこの両面を支援する手段になりうる。
B) 今求められて入るAI&DSを含むDX革命の目的は、現代資本主義・科学技術文明を計測制御し、成長拡大から動的恒常性維持型文明に相転移することである
C) 国民一人一人の「自由」と「平等」、文明の「進歩」と「調和」、このXY軸のゆらぎを計測するのはAI&DS、それを制御するのは国民の智徳の進歩である。

【質疑応答】
Q:AI智徳文明において、個人データは保護されるのか? 揺り籠から墓場まで管理するようになると、プライバシー侵害の問題が出て来るようになるのではないか?
A:これまでの科学技術の発展の中で出て来た課題と同じであり、ダイナマイトの発明は武器としても使用されるが、土木工事の道具なでも使われるわけであり、要はそれを使う人間の意思に関わってくる。集めた膨大な情報をどのように使うかは、それを使う人間次第である。

【感想】
 20世紀急速に進歩してきた現代資本主義・科学技術文明の功罪を知徳文明の観点から多角的に分析し、21世紀どうあるべきかを、近年急速に進化したAI&DSを取り入れ、どのようなAI知徳文明システムを作るべきかを提言されています。
 最近では福島原発事故、コロナ感染、気象変動問題等で急速に進歩する科学技術の在り方、また中国台頭が理由ではあるが、資本主義そのものもの在り方等も議論されるようになってきました。それらを考える上でも大変参考になるお話でした。時間の関係で、質問者が限られてしまったことは残念でした。このようなダイナミックな提言を政治家、経営者には勿論ですが、一般、特に若い人たちに伝えて頂きたいと思います。
 
【報告者】山岸 任






特定非営利活動法人 科学技術者フォーラム
〒189-0013 東村山市栄町1-39-34
E-mail:info@stf.or.jp URL:https://stf.or.jp

Copyright(C) 科学技術者フォーラム All Rights Reserved. (更新:2021-04-28) 
ホーム   |  利用案内(FAQ)   |  個人情報保護規定   |  お問合せ


このホームページに掲載されている画像・イラスト・文章などの無断転載を禁じます。
Internet Explorer などのブラウザーで画面が正常に表示されない場合は、
ブラウザーのメニューバーにある「ツール>互換表示」を設定してください。