科学技術者フォーラム(STF)は、多様な分野の企業OB、現役の技術者や研究者が組織の枠を超えて集い、生涯現役を目指し科学技術を通して社会に貢献する団体です。


ホーム  |   サイトマップ  |   お問合せ  |  Follow us on :       
ホーム
STFについて
STFの活動
行事情報
入会案内
報告
実績一覧(セミナー他)
会員専用ページ
友好団体へのリンク
STFへの問合せ
利用案内(FAQ)
個人情報保護規定
サイトマップ
ご入会案内
イベントカレンダー
各種イベントの申込
非営利団体 科学技術者フォーラム
MEMBER LOGIN                   
 行事情報  セミナー案内  |  交流会案内  |  見学会案内  |  イベント案内  |  部会案内

2019-01-26  【セミナー案内】
科学技術者フォーラムH31年1月度セミナーのご案内
2018-12-22  【セミナー案内】
科学技術者フォーラムH30年12月度セミナー案内
[1] [2] [3] [4]
登録日:2020-01-11 
科学技術者フォーラム2020年2月度セミナー案内「工学院大学ソーラーカー世界大会への挑戦」
科学技術者フォーラム2020年2月度セミナー(第212回)のご案内
「工学院大学ソーラーカー世界大会への挑戦」
工学院大学 工学部機械システム工学科 教授 濱根 洋人 氏

工学院大学のソーラーカーチームが、世界最高峰のソーラーカーレース「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」に出場し、オーストラリア大陸3,000kmを完走した。そして、チャレンジャークラス5位入賞し、日本チームで初めて「テクニカルイノベーションアワード」を受賞した。
チームを率いた濱根先生から、チャレンジの成り立ち、立ちはだかった壁、メンバーの活動、受賞後の反響等々、ご講演いただきます。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

1.日時:2020年2月22日(土) 14:00 ~ 16:50
講演終了後近くの会場で参加者の懇親を目的に懇親会開催します(19時頃まで)。

2.会場:品川区立総合区民会館「きゅりあん」5F第4講習室
(JR大井町駅中央改札出て左直進、ヤマダ電気裏側)
地図:http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/

3.講演要旨
本講演は,工学院大学ソーラーチームの取り組みと環境技術を紹介する.チームはオーストラリアで開催される世界最大のソーラーカーレース,ブリヂストン・ワールド・ソーラーチャレンジ(BWSC)に参戦している.自動車業界は100年に1度の変革期と言われる転機を迎え,世界各地で電気自動車シフトが進んでいる.この背景もあり世界大会に参加するチーム数は過去最多を記録した.世界の約25カ国から約45チームが,約5日間をかけて3022㎞のオーストラリア大陸を縦断する.ヨーロッパ諸国や米国は,学生の電気自動車分野への人材育成をこのレースに求めている.米国の電気自動車メーカー テスラはBWSCの過去参加者が創業などに関わった.オランダではソーラーカーを実用化してまもなく販売予定のベンチャー企業が誕生し,参加チームが起業した.ソーラーカーは競技用車両であるが,多数の電気自動車に関する要素技術が搭載されている.また,工学院大学ソーラーチームは,横断的な学生が全学部全学科から主体的に取り組んでおり,チームマネジメントについて日経産業新聞や日刊工業新聞などの特集記事に掲載されている.世界大会へのチームビルディングについても紹介する.

4.略歴
1997年 工学院大学工学部電気工学科卒業
1999年 工学院大学大学院工学研究科修士課程修了(電気工学専攻)
2000年 日本学術振興会特別研究員
2001年 工学院大学大学院工学研究科博士後期課程修了(電気工学専攻),博士(工学)
2001年 米国 カリフォルニア大学サンタバーバラ校 客員研究員
2001年 群馬大学 客員研究員
2002年 青山学院大学 助手
2007年 工学院大学 工学部機械システム工学科 講師,准教授を経て,現在,教授
2009年 工学院大学ソーラーチームを立ち上げ,創立時より監督

5.参加費  会場でお支払いください。
・科学技術者フォーラム(STF)正会員、学生 1, 000 円
・友好団体:
RKH研究所会員、異普奇会会員、NPOエルダーシステム会員 表界研会員、BCC-NET会員、BEST-JAPAN研究会会員、NPO-BIN会員、 経営支援NPOクラブ会員、技術士会千葉県支部会員、食品技術士センター会員、 生体環境保全交流会会員、千葉県加工技術研究会会員、次世代農業フォーラム、
その他の友好団体会員 1,500円
・ STF セミナー講師経験者 1,500円
・ 一 般 2,000円
※ 講演中の写真撮影 や録音 などは 、 ご遠慮願います。

6.参加申込:下記の申込書に記入して、セミナー担当の水越 正孝にメールでお申込みください。
E-mail:syndeo.llc@mbr.nifty.com   STF事務局FAX:03-0843-1670

*************セミナー参加申し込み  ***************
<科学技術者フォーラム(STF)2020年2月度セミナー(第212回)参加申込書>
●お名前:                (ふりかな:           )
●所属(会社,事務所、団体):
●メールアドレス:
●TEL:               FAX:
●参加区分:
・科学技術者フォーラム(STF) 正会員、学生 1,000円
・友好団体:KH研究所会員、異普奇会会員、NPOエルダーシステム会員、表界研会員、
BCC-NET会員、BEST-JAPAN研究会会員、NPO-BIN会員、経営支援NPOクラブ会員、技術士会千葉県支部会員、食品技術士センター会員、生体環境保全交流会会員、
千葉県加工技術研究会会員、次世代農業フォーラム、その他の友好団体会員
(名称:        ) 1,500円
・STFセミナー講師経験者 1,500円
・一 般(紹介者:         ) 2,000円
●懇親会:参加  不参加 (いずれか残す)
●領収書(講演会)の必要有無: 有   無 (いずれか残す)

以上






特定非営利活動法人 科学技術者フォーラム
〒111-0033 東京都台東区花川戸一丁目13番6-603号
TEL&FAX:03-3843-1670
E-mail:info@stf.or.jp URL:http://www.stf.or.jp

Copyright(C) 科学技術者フォーラム All Rights Reserved. (更新:2015-05-19) 
ホーム   |  利用案内(FAQ)   |  個人情報保護規定   |  お問合せ


このホームページに掲載されている画像・イラスト・文章などの無断転載を禁じます。
Internet Explorer などのブラウザーで画面が正常に表示されない場合は、
ブラウザーのメニューバーにある「ツール>互換表示」を設定してください。