科学技術者フォーラム(STF)は、多様な分野の企業OB、現役の技術者や研究者が組織の枠を超えて集い、生涯現役を目指し科学技術を通して社会に貢献する団体です。


ホーム  |   サイトマップ  |   お問合せ  |  Follow us on :       
ホーム
STFについて
STFの活動
行事情報
入会案内
報告
実績一覧(セミナー他)
会員専用ページ
友好団体へのリンク
STFへの問合せ
利用案内(FAQ)
個人情報保護規定
サイトマップ
ご入会案内
各種イベントの申込
非営利団体 科学技術者フォーラム
MEMBER LOGIN                   
 行事情報  セミナー案内  |  交流会案内  |  見学会案内  |  イベント案内  |  部会案内

2018-1-14   【見学会案内】
科学技術者フォーラムH30年1月度見学会のご案内 1)つくば建築試験研究センター(環境省所指導による地中熱エネルギー利用)(2)高エネルギー加速器研究機構(大学との共同研究施設で宇宙物理探究)
2018-04-12  【見学会案内】
科学技術者フォーラムH30年4月度見学会案内「独立行政法人 国立印刷局 東京工場」「独立行政法人 造幣局 さいたま支局」
2017-09-21  【見学会案内】
科学技術者フォーラムH29年9月度見学会案内「大林組技術研究所+コカコーラ多摩工場」(満席)
2017-07-06  【見学会案内】
科学技術者フォーラムH29年7月度見学会のお知らせ「気象庁本館+日本水産(株)八王子総合工場」
2017-04-13  【見学会案内】
科学技術者フォーラムH29年4月度見学会案内「石坂産業株式会社」(建設系廃棄物処理リサイクル企業)」(満席)
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [次へ 10個]
登録日:2017-12-18 
科学技術者フォーラムH30年1月度見学会のご案内 1)つくば建築試験研究センター(環境省所指導による地中熱エネルギー利用)(2)高エネルギー加速器研究機構(大学との共同研究施設で宇宙物理探究)
============================
平成30年1月度 科学技術者フォーラム つくば方面見学会のご案内
============================= 
 今回の訪問先は、環境省が指導の下に地中熱エネルギー利用技術を実践中の
建築試験研究センターおよび 文部科学省管轄の公的研究機関(世界最新鋭
の巨大加速器使用)であり、いずれも平素は簡単に見学ができない場所です。
是非、この機会を利用してご見学下さい。
 寒い季節での見学会は、皆様には大変ご迷惑と存じますが、折角の機会です
から御参加ご検討・御協力くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 
                              STF見学会幹事 古西義正

==<<科学技術者フォーラム つくば方面バス利用見学会 日程、計画>>==

<日 程>: 平成30年1月18日(木)
  (8時45分東京駅近くの鍛冶橋駐車場出発〜17時15分東京駅前帰着予定)

<訪問先>:つくば市内の下記2カ所 (詳細は別項でご紹介)
  (1)つくば建築試験研究センター(環境省所指導による地中熱エネルギー利用)
  (2)高エネルギー加速器研究機構(大学との共同研究施設で宇宙物理探究)
          (最近、エジプトのピラミッド透視に成功して話題になっている)

<集合場所・時間>: 鍛冶橋駐車場(観光バス専用駐車場)
    8時40分までに集合目標。揃い次第、遅くとも8時45分には出発します。

  ◎鍛冶橋駐車場へのアクセス:
   東京駅八重洲南出口から右手・八重洲ブックセンターの前を有楽町方面へ
   向かって、約500m、鍛冶橋交差点そばの観光バス駐車場:入口で来場受付。

<昼食は、お弁当持参でお願い致します。>
  お弁当は、鍛冶橋駐車場近くのローソン、またはバス休憩の守谷サービスエリア
  でも調達可。
  ※訪問先企業の会議室、又はバス車中で昼食を摂りますので、各自、食べ残し
  やごみは必ずお持ち帰りください。

<訪問先の詳細> 
今回の見学会は「つくば市」の下記の2カ所の政府事業関連施設。

(1)つくば建築試験研究センター (財団法人 ベターリビング所属)
   (環境省指導事業模範事例)
   所在地:茨城県つくば市 立原2番地。
TEL: 029-864-1745 FAX 029-877-0050 (ご担当:佐久間様)

   見学時間 10時30分〜12時00分
         (長尺地中杭で空調冷媒管と深部地下水と熱交換および
          ヒートポンプによる空調効率化状況見学。実績説明)
   昼食休憩 12時00分〜12時50分 (会議室またはバスの中)
          ※13時00分 バス出発             
 
   ◎見学のポイント:
     環境省指導事業:地球にやさしい地中熱エネルギー利用で
     熱風排気のない大幅な省エネ(山行事例:夏季60%以上、
     年平均45%以上省エネ)&クリーン空調を効率的に
     実践中:地中熱利用システム普及の模範的事例)
     特徴:建物建設時に基礎杭鋼管打設時に同時施工。

   ◎地中熱エネルギー利用ヒートポンプ方式の空調について:
   地中深くを流れる地下水の温度は、地表が30℃以上もある真夏
   でも、身も凍えそうな冬場でも、常に15℃前後に保たれており、
   そこでの熱交換とヒートポンプの応用により、効率的な空調設備の
   運用で省エネ効果、地球温暖化対策の切り札として、環境省の指導
   で全国普及に協力。
   ※過去6年間で、かなり普及し、今では全国2000カ所以上で、応用
     されているとのこと。
   (最近では、東京スカイツリータウンや小田急電鉄でも応用実践中で、
    空調の熱風排気は出ない。)

(2)高エネルギー加速器研究機構(略称 KEK)・・(文部科学省 所管) 
   所在地:茨城県つくば市大穂1−1:
   TEL 029-879-6048(ご担当:広報室 冨岡様)
   見学時間 13時30分〜15時30分

  ◎研究施設見学予定:
   (1)概要説明(コミュニケーションプラザ)         30分
      最近NHKで放送された最近の宇宙物理学応用研究事例も説明
      ある予定。
     (1−1)エジプトピラミッド透視による謎の空間発見。
           (岩をも貫く宇宙線素粒子の検出:名古屋大学と共同研究)
     (1−2)クモデス(宇宙からの電磁波により雲の中の水分%及び
          水にの粒子径測定による異常気象の予測。1時間からの
          予測が可能)
   (2)フォトンファクトリー(放射光科学研究施設)     30分
     加速器で電子を周回させて発生する放射光を自在に操り、物質に
     照射して機能や構造、生命の謎を解く。タンパク質の構造解析、新薬
     の開発や医療等への応用が期待されている。
     
(3)Bファクトリー実験施設                 60分

    地下11m、一周3kmのトンネルに設置された世界最高性能の加速器
   を使い、宇宙初期の現象を再現する。電子・陽電子を衝突させてB中間子
   が崩壊する様子をしらべている。 加速器トンネルの様子もこの実験施設
   の底部から観察可能になっており、加速器の実機も展示されている。
 
[参加者募集要項]

◎募集人員=50名 (バス1台)

◎参加費用
  <参加費=基本参加費 + 貸切バス代金3,000円>        
  STF 正会員 =基本参加費1,000円+バス代金3,000円=4,000円
    学生(社会人学生は除く)もSTF正会員と同額。
  協力団体会員=基本参加費1,500円+バス代金3,000円=4、500円
  一般の方   =基本参加費2,000円+バス代金3,000円=5,000円
  (参加費割引対象となる協力団体グループ名は、末尾の参加申込み書参照)
  ◎グループ分類は、申込欄参照。

  
 ※参加費は事前振込制です。
   参加申込み者には、参加費の振り込み先口座を連絡しますので、
   入金確認により、正式受付登録します。
   [ご注意] バス会社の安全管理規定と、政府関連施設への見学規定
         の関連で、見学日の8日前までにバス代金の振込みおよび
         最終の参加者登録を致します。
         募集締め切り=平成30年1月14日(日)PM5時
         *平成30年1月10日午後5時以降のキャンセルは、
         払い戻しはありません。

9.参加申込み期限と申込方法
  下記の申込み書に記入して、見学会幹事の古西(こにし)あてにメール
  またはFAXでお申込み下さい。
  古西のメールアドレス: konishi-yk@mti.biglobe.ne.jp
      TEL&FAX  : 047-485-6980 (TEL&FAX兼用:
                 ※留守時はご伝言を吹き込んでください。)
  ※参加申込期限:平成30年1月14日(午後5時)

  ※申込についてのお願い
   (1)申込書の記入の際は、以前に申し込んだ方でもご面倒ですが、
     最新状況をご記入下さい。
   (2)申込しても幹事の古西から2日以内に返事がない場合は、電話
     又はFAXでご確認下さい。
================================
平成30年1月度 STF見学会(つくば) 参加申込み書
================================
(個人情報は保険手続き、非常連絡用等、必要最小限で利用します。)

(1)氏名:
(2)生年月日(保険申請用)                   (当日の年齢:重要)
(3)所属 (会社名、団体名、事務所名):
      (無職で、STF会員の方は、STF技術員と記入)
(4)所属の業種:
(5)申請者の専門技術事項:
  (博士号学位保持者は学部門&専門事項、技術士は、技術士・技術部門と
   専門科目を記入)

(6)連絡先
  (6−1)住所:
  (6−2)電話番号: 
  (6−3)携帯電話番号(非常連絡用)
  (6−4)メールアドレス

(7)参加区分(いずれか残す)
  (1)STF正会員(家族含む)・・・・・ 基本参加費 1,000円
  (1A)学生(但し、社会人学生は一般扱い。)
     (学校名=          )    基本参加費 1,000円
        
  (2)友好団体:・・・・・・・・・・・基本参加費 1,500円
    BCC−NET会員、生体環境保全交流会会員、経営支援NPOクラブ会員、
    NPO法人・RKH研究所、NPO−BIN会員、日本技術士会千葉県支部会員、
    省エネ相談センター会員、JSPE−ML会員、食品技術士センター会員、
    NPO法人サポート技術士センター会員、異普奇会会員、コライフやちよ会員、
    J−SCORE会員、
    環境カウンセラー協議会会員、経営士会会員、J−MICROーML会員、
    その他、STFセミナー友好団体会員(団体名=         )
  (4)一般 (上記以外)・・・・・・・・基本参加費 2,000円
=================================
<参加費=貸切バス代 3000円+グループ別基本参加費>
  (注)参加費は事前振込制です。お申込者に、振込先を御連絡します。







特定非営利活動法人 科学技術者フォーラム
〒111-0033 東京都台東区花川戸一丁目13番6-603号
TEL&FAX:03-3843-1670
E-mail:info@stf.or.jp URL:http://www.stf.or.jp

Copyright(C) 科学技術者フォーラム All Rights Reserved. (更新:2015-05-19) 
ホーム   |  利用案内(FAQ)   |  個人情報保護規定   |  お問合せ


このホームページに掲載されている画像・イラスト・文章などの無断転載を禁じます。
Internet Explorer などのブラウザーで画面が正常に表示されない場合は、
ブラウザーのメニューバーにある「ツール>互換表示」を設定してください。