Warning: mysqli_connect(): Headers and client library minor version mismatch. Headers:50568 Library:100148 in /home/stforjp/stf.or.jp/public_html/top/EnDefinition/ConnectINFO.inc on line 41
生涯現役を目指すOBと現役の技術者や研究者が科学技術を通して社会貢献に取り組む特定非営利活動法人(NPO)|科学技術者フォーラム(STF)

科学技術者フォーラム(STF)は、多様な分野の企業OB、現役の技術者や研究者が組織の枠を超えて集い、生涯現役を目指し科学技術を通して社会に貢献する団体です。


ホーム  |   サイトマップ  |   お問合せ  |  Follow us on :       
ホーム
STFについて
STFの活動
行事情報
入会案内
報告
実績一覧(セミナー他)
会員専用ページ
友好団体へのリンク
STFへの問合せ
利用案内(FAQ)
個人情報保護規定
サイトマップ
ご入会案内
イベントカレンダー
各種イベントの申込
非営利団体 科学技術者フォーラム
MEMBER LOGIN                   
 報告  セミナー報告  |  交流会報告  |  見学会報告  |  イベント報告  |  部会報告


Warning: mysqli_connect(): Headers and client library minor version mismatch. Headers:50568 Library:100148 in /home/stforjp/stf.or.jp/public_html/top/EnDefinition/ConnectINFO.inc on line 41
2017-03-04  【セミナー報告】
科学技術者フォーラムH29年3月度セミナー報告「発達障害の原因と発症メカニズム−「シナプス症」の多様な症状と農薬などエピジェネティックな環境要因」
2017-03-01  【セミナー報告】
科学技術者フォーラムH28年12月度セミナー報告「人間を超える囲碁・将棋〜ゲームAIの技術と展望」
2016-12-03  【セミナー報告】
科学技術者フォーラムH28年11月度セミナー報告:「高速ビジョン・高機能マニピュレーション」 ―人間を超える作業能力を持つロボットを目指して―
2016-10-13  【セミナー報告】
科学技術者フォーラムH28年9月度セミナー報告「小さな気泡の不思議な世界〜 マイクロバブル、ナノバブルの基礎とその応用 〜」
2016-08-25  【セミナー報告】
科学技術者フォーラムH28年7月度セミナー報告:「核酸研究の歴史と新たな可能性」−DNA・RNAの化学−
[前へ 10個] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [次へ 10個]
登録日:2021-12-04 
2021年12月度 セミナー(#227)報告「汚染水海洋放出とデブリ取り出し及び空冷化の意味と原発事故再考 ~小型モジュール炉の特徴と再稼働問題~」
科学技術者フォーラム2021年12月度(第227回)セミナー報告

汚染水海洋放出とデブリ取り出し及び空冷化の意味と原発事故再考
~小型モジュール炉の特徴と再稼働問題~

日 時:2021年12月4日(土)14:00~17:00
開 催:会場(品川区立総合区民会館・きゅりあん)+ZOOMオンライン
参加者:32名
講演者:元東芝 原子炉格納容器設計者・原子力市民委員会委員  博士(工学) 後藤 政志 氏

<講演要旨>
1.本年3月に原子力規制委が「福島事故調査の中間とりまとめ」を発表したが、福島第一原発事故はまだ終わってなく、また事故原因の究明はまだ半ばである。
2.危険なデブリの取り出しは非常に難しく、また一方でデブリの空冷化は可能である。
3.トリチウム汚染水は、大型タンクによる長期保管かモルタル固化による永久処分が技術的に可能であり、海洋投棄の必要性はない。
4.原子炉建屋を鉄筋コンクリート製の外構シールドで覆い、内部を負圧に管理する、あるいは格納容器内を不活性にする等の方法で長期に安全な遮蔽管理を実現できる。また原子炉建屋への地下水の流入も遮断可能である。
5.水素爆発発生の問題点
(1)原子炉格納容器には接合部や貫通部が多く存在し、その密封部分は高温高圧条件で漏洩の可能性がある。また水素の漏洩経路が多数考えられる。
(2)耐圧強化ベント系および非常用ガス処理系の配管・弁の接続、弁の作用に関する設計内容が疑問である。特に弁のフェールセーフ設計の考え方を明確にする必要がある。
(3)格納容器の圧力逃し装置(フィルターベント)で、発生水素に対し窒素を送り込んで空気を出す構造になっているが、複雑であり事故時に使用できるか疑問である。
6.過酷事故関連
(1)事故は外部事象(地震等)、内部事象(機器の故障等)、人為的ミスが重なって生じ、各要因が的確に把握されるならば起こらない。現実にはすべて予測不可である。
(2)圧力容器や格納容器の損傷、核反応制御の失敗、炉心損傷のような過酷事故の場合には多重防護が成立しないと制御不能になる。最悪の事態を想定すべきである。
7.原発事業者は最悪の事故の状況について全潜在的被害者に説明する義務がある。原発の安全性を判断するのは全潜在的被害者である。
8.将来炉
(1)高温ガス炉:減速材(黒鉛)と冷却材(ヘリウムガス等)を使用するが、高温用材料および構造に関する技術が重要となる。
(2)高速中性子炉:中性子を高速のまま核反応させるが、核反応制御が難しい。
(3)小型モジュール炉(容量300MWe以下):経済性がなく、安全性は絶対ではない。
9.原発の運転でCO2を排出しないということは、日常的な放射能汚染と核のゴミの無期限な管理および大規模な原子力事故の危険性のデメリットを帳消しできるものではない。

<質疑応答>
Q1.津波に対する予備電源の確保、また他原発からの電源供給等の対策が何故取られなかったか? → 津波の最大高さを十分に想定せず、またデザインレビューが不十分であった。
Q2.再生可能エネルギーに対する日本の技術状況? → 特に期待できる洋上風力発電では、機械本体および架台ともに海外に比べ技術的に遅れている。日本は原発関連が優先しているために、投資金額が少な過ぎる。
Q3.トリチウムを含む処理水の海上放出がなぜ許されるか? → 他の運転されている原発では日常的に排出されているために、表面化すると大問題になる。安全であることを懸命に宣伝している。
Q4.スリーマイル島の事故現場では、汚染水は蒸気にして空中放出しているが、その方法はいかがか? → 直接放出は問題で、急がずに、長期保存で減衰することを待つのが良い。
Q5.デブリの空冷化による汚染空気の排出に問題ないか、また何故空冷化は実現されないか? → 汚染空気は浄化後に排出、また実現には諸状況を考えるために、議論の要あり。

<所感>
 原発は日本の重要な電源として電力供給を担っていくということが政府の方針である。そうした状況で原発の安全性についての正しい情報、知識を得ることは我々にとって大切なことである。その意味で今回のご講演は大変有意義なものでした。ご講演中に言われた「原発の安全性を判断するのは全潜在的被害者である」ことをしっかり認識し、決して政府の勝手な都合で原発が推進されることが無いようにするべきであると思います。
【報告】木村芳一  





特定非営利活動法人 科学技術者フォーラム
〒189-0013 東村山市栄町1-39-34
E-mail:info@stf.or.jp URL:https://stf.or.jp

Copyright(C) 科学技術者フォーラム All Rights Reserved. (更新:2021-04-28) 
ホーム   |  利用案内(FAQ)   |  個人情報保護規定   |  お問合せ


このホームページに掲載されている画像・イラスト・文章などの無断転載を禁じます。
Internet Explorer などのブラウザーで画面が正常に表示されない場合は、
ブラウザーのメニューバーにある「ツール>互換表示」を設定してください。