科学技術者フォーラム(STF)は、多様な分野の企業OB、現役の技術者や研究者が組織の枠を超えて集い、生涯現役を目指し科学技術を通して社会に貢献する団体です。


ホーム  |   サイトマップ  |   お問合せ  |  Follow us on :       
ホーム
STFについて
STFの活動
行事情報
入会案内
報告
実績一覧(セミナー他)
会員専用ページ
友好団体へのリンク
STFへの問合せ
利用案内(FAQ)
個人情報保護規定
サイトマップ
ご入会案内
各種イベントの申込
非営利団体 科学技術者フォーラム
MEMBER LOGIN                   
 行事情報  セミナー案内  |  交流会案内  |  見学会案内  |  イベント案内  |  部会案内

2017-08-19  【セミナー案内】
科学技術者フォーラムH29年8月度セミナー案内「マテリアルライフの評価技術とその周辺」
2017-07-15  【セミナー案内】
科学技術者フォーラムH29年7月度セミナー案内「ビール苦味成分イソフムロン:アルツハイマー型認知症予防薬への期待」−脳細胞保護作用や原因物質の除去作用に内閣府も応援−
2017-06-17  【セミナー案内】
科学技術者フォーラムH29年6月度セミナー案内「再生可能エネルギーの現場・最前線」−新たな産業創生の実態は ?−
2017-05-20  【セミナー案内】
科学技術者フォーラムH29年5月度セミナー案内「江戸の街作り」
2017-04-15  【セミナー案内】
科学技術者フォーラムH29年4月度セミナー案内「塗料・塗装を科学する」-色の話と白化現象の謎-
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [次へ 10個]
登録日:2017-04-04 
科学技術者フォーラムH29年4月度セミナー案内「塗料・塗装を科学する」-色の話と白化現象の謎-
科学技術者フォーラムH29年 4月度セミナー(第178回)のご案内

「塗料・塗装を科学する」
- 色の話と白化現象の謎 -

元 職業能力開発総合大学校 専門基礎学科 准教授  坪田 実


塗料は化学工業での最終製品に分類されますが、実際には塗装というプロセスを経て最終製品になります。塗料・塗装は堅実に進歩していますが、分野外の人達から見るとわかりにくいと良く言われます。本講演の講師は、長年にわたり、色材協会の塗料入門講座で“塗料とはどんな材料か、どのように塗るのか、どのようにしたら欠陥をなくせるのか”など、基本的に塗料と塗装を科学してきた方です。多くの研究事象から、今回は白化現象に焦点を当てて、講演をしてもらいます。本講演を通して、塗料と塗装に関する疑問点や面白い話題が討論できればと思います。
コーティング材料分野にご関心のある方は、ぜひ、ご参加ください。

1.日時:平成29年 4月15日(土)  14:00 〜 16:50
講演終了後近くの会場で参加者の懇親を目的に懇親会開催する予定です。(19時頃まで)

2.会場:品川区立総合区民会館「きゅりあん」5F 第4講習室
(JR大井町駅中央改札出て左直進、ヤマダ電気裏側)
地図:http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/

3.講演概要
塗装の目的は、被塗物に美観を与え、保護することである。美観には色彩が深く関わっており、私達の思い出にも色彩はつきものである。例えば、「紅葉の秋に感激し、雪の白さに震え、桜に春を満喫し、・・」のように。ところで、白色は塗料のベースカラーであるが、白く見えることやより白く見せるためには、どんな技術が貢献しているのかをまず、考えて見たい。このことがわかると、欠陥現象として現れる白化の原因を紐解きやすくなる。
本講では、身の回りの白化現象を紹介し、テーブル面に生じた下図の白いシミを科学する。原因と対策を考察し、白いシミの生長は、Langmuirの吸着等温線に従うことや、白いシミの消失は塗膜の粘弾性に関係することを紹介する。

〔講演目次〕
1. 色に関するいろいろな話
2. 白さとは
3. 塗装作業で起きる白化現象
4. テーブル面に生じた白いシミ−生長と消失−
4.経  歴
1974年3月 山形大学大学院工学研究科高分子化学専攻修了
1974年4月 岐阜プラスチック工業株式会社 入社
1975年3月 岐阜プラスチック工業株式会社 退社
1975年4月 職業訓練大学校 塗装科 助手
1988年4月 職業訓練大学校 塗装科 助教授
その後、学校名変更、所属科変更を経て、
2010年 3月 職業能力開発総合大学校 専門基礎学科 准教授
2015年 3月    同上 退職

《活動等》
(1) 色材協会理事, 1989−2014
(2) 日本顔料技術協会理事, 1990−2013
(3) (財)日本塗料検査協会理事, 2005−2011
(4) 技能五輪国内大会「車体塗装」競技主査, 2005−2007

(受賞)1982年度色材協会論文賞、2006年度日本塗装技術協会論文賞を受賞.

5.参加費  会場でお支払いください。
・科学技術者フォーラム(STF)正会員,女性、学生 1,000円
・BCC-NET会員、ティー・エムレポート会員、経営支援NPOクラブ会員、NPO-BIN会員、
異普奇会会員、生体環境保全交流会会員、千葉県加工技術研究会会員、表界研会員、
BEST-JAPAN研究会、NPOエルダーシステム、その他友好団体会員 1,500円
・一般  2,000 円
*講演中の写真撮影などは、ご遠慮願います。

6.参加申込:下記の申込書に記入して、セミナー担当の 佐熊 範和 宛メールまたはTELでお申込みください。
TEL:090-1995-5570    E-mail:kumasan-pp@jcom.home.ne.jp

*************セミナー参加申し込み  ***************
<科学技術者フォーラム(STF)平成29年 4月度セミナー(第178回)参加申込書>
●お名前:               (ふりかな:           )
●所属(会社,事務所、団体):
●メールアドレス:
●TEL:               FAX:
●参加区分:
・科学技術者フォーラム(STF)正会員、学生      1,000円
・BCC―NET会員、NPO−BIN会員、ティー・エムレポート会員、経営支援NPOクラブ会員、異普奇会会員、生体環境保全交流会会員、千葉県加工技術研究会会員、表界研会員、
BEST-JAPAN研究会、NPOエルダーシステム、その他の友好団体  1,500円 
・一般(紹介者:         ) 2,000円 
●懇親会:参加  不参加 (いずれか残す)
●領収書(講演会)の必要有無: 有   無 (いずれか残す)






特定非営利活動法人 科学技術者フォーラム
〒111-0033 東京都台東区花川戸一丁目13番6-603号
TEL&FAX:03-3843-1670
E-mail:info@stf.or.jp URL:http://www.stf.or.jp

Copyright(C) 科学技術者フォーラム All Rights Reserved. (更新:2015-05-19) 
ホーム   |  利用案内(FAQ)   |  個人情報保護規定   |  お問合せ


このホームページに掲載されている画像・イラスト・文章などの無断転載を禁じます。
Internet Explorer などのブラウザーで画面が正常に表示されない場合は、
ブラウザーのメニューバーにある「ツール>互換表示」を設定してください。